沖縄塗装工業|沖縄県那覇市 無料出張診断、無料見積もりの外壁塗装・防水・補修なら沖縄塗装工業

よくある質問

0円リフォームについて外壁塗装について雨漏りについて
火災保険について工場・倉庫の塗装について

0円リフォームについて

借り換えだけは出来ないの?
原則としてリフォームとパッケージサービスになりますので、
借り換えだけのお客様はお断りしております。
(加盟店側から本部に依頼のあった場合は借り換えのみも対応可能)
金利が上がったらどうするの?
金利が上がったタイミングで固定金利に変えることも出来ます。
リフォームローンも組んでるけど大丈夫?
銀行の審査基準を満たせば問題ありません。場合によっては既存のリフォームローンを住宅ローンに組み替えることも出来ます。
なぜ現金負担0円でリフォームが出来るの?
既存の住宅ローンの金利をより低い金利に変えることで、払わなくてもよくなった金利負担分を工事代金に当てることにより、現金負担なくリフォーム工事が可能となります。

外壁塗装について

見積依頼をするのに費用はかかりますか?
かかりません。 無料でお見積りさせて頂いております。どうぞお気軽にお問い合わせください。 プラン、見積、現場調査、お打ち合わせは何度でも無料です。 納得いくまで時間をかけることをおすすめします。
合い見積もりを取ったけど、金額がバラバラでよくわからない
ご存知のように、見積もり書とはシリコンだといくら、フッ素だといくらになりますといったように金額を書面化したものです。
しかし、本来外壁塗装工事というのは人件費が大きなウェイトを占めています。材料価格つまり塗料代というのは実は全体の2~3割程度、残りの7~8割が施工代(手間代)となります。
当たり前の話ですが材料の仕入れ価格というのは殆ど変わりません。
限界があります。
しかし、それでも大きく値引きをする場合、削られるのは当然「人件費」です。
では人件費を安くる場合、具体的にはどうすればいいのでしょう...?
ひとつに作業時間短縮が考えられます。
丁寧な作業には手間と時間がかかりますので、当然雑な仕事になってしまいます。
同じ建物、同じ面積であまりに安いところは、やはり丁寧さに欠ける可能性が考えられます。
もうひとつ考えられるのは熟練職人ではなく、派遣作業員やアルバイトが施工するケースです。
それなりの経験と知識のある職人にはそれなりの対価が必要になるものです。
いずれにしても安かろう悪かろうにならないようにきをつけましょう!
外壁塗装ではなく門扉の塗装だけでもお願いもできますか?
喜んでお受け致します。 お伺いした際に、ご希望に応じて外壁の無料診断をさせて頂くことも可能です。決して強引な営業活動は致しませんので安心下さい。
工事期間中は在宅の必要がありますか?
特にそのような必要はございません。 基本的に、宅内に入って作業するようなことはございませんのでご安心下さい。
工事が終わったあとも対応してくれますか?
工事完了後も定期点検にお伺い致します。 また、工事後に問題点があった場合は、適切な対応をさせて頂きますのでご安心下さい。
近隣住民とトラブルになることはありませんか?
工事前に近隣の住民の方へ工事のご案内をさせて頂き、また足場や防塵シートの設置の際にも、細心の注意を払って作業致しますので、ご安心下さい。
工事の契約後に追加の料金を請求することはありますか?
よく他業者に塗装していただいた方で後から下地調整費用が余分にかかったとか、工事中に勝手に仕様を変更されて金額を追加で取られたなど耳にしますが、当社ではそのような事は絶対にありませんのでご安心ください。  
隣家との隙間が狭いのですが外壁塗装は可能ですか?
隣家との隙間は40cm以上あったほうがよろしいのですが、現場を拝見して足場が組めるようであれば外壁塗装は可能です。
塗料の種類で夏を涼しく過ごせるものがあるって聞いたんですけど……?
はい、そのような塗料もございます。遮熱塗料といって、塗るだけで外壁の温度が下がるものです。お問い合わせ頂ければ詳しくご説明させていただきます。
うちのマンションの周囲に新しいマンションが建ちはじめ、どんどん入居者集めが難しくなってきております。周囲の新築マンションに対抗して入居者を集めたいので、外壁塗装をお願いします。また、外壁塗装以外にも何かあれば提案していただけると幸甚です。
外壁塗装と合わせて屋上の防水工事をご提案いたします。そもそも外壁塗装とは、建物を紫外線や雨から守るためのものです。ですから、外壁を塗り直しても屋上が傷んでいれば、そこから建物が劣化していく可能性があります。当社は外壁塗装だけでなく、屋上の防水性能のチェックや防水加工も行っていますのでぜひご用命ください。新築マンションと比較したときにも見劣りしない美しい外観に仕上げます。

雨漏りについて

雨漏りしているようなのですが、原因がわかりません。どうしたらいいでしょうか?
雨漏りの診断は木造住宅から鉄骨造・鉄筋コンクリートまでどのような建物にも対応いたしております。戸建住宅から店舗や工場、ビルやマンションなどの対象建物は問いません。雨漏りは一般的に屋根からの浸水をイメージしますが、屋根からの浸水だけでなく、外壁からの浸水が原因の場合もあります。くわしい原因を調べるためにはまず、現場を見てからの判断になりますのでまずは、お問い合わせください。
雨漏りの診断をお願いする場合、お見積りは無料ですか?
はい。雨漏りの原因、雨漏りを誘発していると思われる要因を探るべく建物の内外部を目視と触診などを無料にて診断します。この時点で、雨漏りの原因が発見できたら、その原因を取り除くための雨漏り修繕工事のお見積りをお出しすることになります。
予算が無いので、雨漏り、屋上やベランダの防水遮熱など一部分だけの施工をお願いしたいのですが可能ですか?
もちろん大丈夫です。また、強引な営業などはしません。
別の業者さんに雨漏りの修理をしてもらったのですが、半年ほどしたらまた雨漏りがします。こういう場合でもお願いできますか?
お任せください。雨漏りは様々な原因がありますので無料での調査を行い、ご予算に合った提案をさせていただきます。
台風とか、激しい横雨の時だけの雨漏りなんだけど、見るだけ見てもらうことできますか?
はい、大丈夫です。雨漏りする状況を伝えていただければ早期の発見になりますし、状況をお伝えし様子を見るということ出来ます。
以前に、塗装会社に雨漏り修理の見積もりをお願いしたのですが、家全体の塗り替えを提案され て困りました。
私共は、強引な営業は行いません。雨漏り修理であれば、ご要望がない限り雨漏り修理の提案だけですので、ご安心ください。
営業時間外での雨漏り調査は可能ですか?
年中無休の商業ビルや店舗などの雨漏り調査は、営業時間終了後の深夜から営業が始まる朝までの時間を利用して調査を行います。お気軽にご相談下さい。

『別に雨漏りもするわけじゃないから、やらなくてもいいよ~』と、考えている皆様も多いと思いますが、実際は建物を紫外線による腐食や、雨風による腐食から守るために施すのが外壁塗装です。 また、今雨漏りがないからとそのままにしておくとひび割れ(クラック)などから、雨の侵入で中の鉄筋がさび膨張しコンクリートの剥離につながります。 よく塗装屋さんは、ペンキを塗るだけじゃないの?と言われますが、私達が行う外壁塗装とは建物の傷んだところを直して(下地処理)、ペンキで保護するのが本当のお仕事です。 >>塗装前にしっかり補修・修理・修繕へ

建物の美観ももちろん大事です。 お孫さんやお子様達に残す大切な財産でもありますので、きれいな建物と汚れている建物とでは印象が違います。 次世代に残す建物とする為にも早めの塗り替えをお勧めします。

塗り替えるべきタイミング

塗装には行うべきタイミングがあります。一般的に外壁・屋根を塗ってから6~10年、木部・鉄部・トタンは3~7年が塗り替えごろです。ただし、塗装に使用されている素材や建物の立地条件などによって差は生じます。そこでここでは、簡単にチェックできる塗り替えのサインをご紹介!

沖縄塗装工業が選ばれ続ける3つの理由



はじめて塗り替える人は業者選びに多かれ少なかれ不安があることと思います。以下では、外壁塗装業者を選ぶ6つのポイントをご紹介します。キレイな外壁に塗り替えても金額が高かったり、すぐにはがれてしまったらその塗り替えは「失敗」です。そうならないためにも、業者はしっかり見極めてから依頼しましょう。

現場調査をしてくれるか?

外壁塗装では工事前に現場調査を行うのが基本です。電話だけあるいは営業マンの訪問のみで契約を迫る業者は、見積書がいいかげんであとあと追加費用がかかることが多いようです。必ず知識のあるスタッフ(外壁診断士など)が現場調査を行ったうえで見積もりを出してくれる業者を選びましょう。

直接施工してくれるか?

外壁塗装を依頼するなら営業会社ではなく工事業者に頼みましょう。営業会社はお客様と契約したら、自社の利益を確保したうえで残った金額を工事予算として下請業者にまわします。なお、ここで下請け業者にまわす予算は実際にかかる費用より少ないケースが多く、工事の質が落ちてしまうことも。 施工を担当する工事業者に直接依頼すれば、支払う金額の大半をそのまま工事費にあてられ、必然的に質の高い工事がなされます。工事内容に関して質問したときにすぐ答えられない場合は、営業会社の可能性が高いと見ていいでしょう。

オーダーメイドでプランを作ってくれるか?

外壁塗装業者によっては規定のプランを設けており、その中から提案を行うところがあります。しかし、それでは品質面・費用面で納得がいくかといえば疑問が残ります。現場調査の結果をもとに、外壁の状態や求める機能などに合わせてオーダーメイドでプランを提案してくれる業者なら品質も費用も満足しやすいといえるでしょう。

説明はきちんとしているか?

プランどおりにやってくれればいい、と業者に任せっきりにするのはリスクがあります。塗り替え後になって「こんなことは聞いてない」「こうしてほしかった」といったことがないよう、こまめに進捗を報告してくれるなど、しっかりコミュニケーションを取ってくれる業者を選びましょう。

工事後もサポートしてくれるか?

施工したら終わりという業者ではなく、施工後もいつでも連絡してくださいという業者を選んでください。保証やアフターフォローは業者によって違いが出る部分です。契約前に必ず質問して、アフターがしっかりしているところを選ぶようにしましょう。

見積もり金額ってどうやって決めるか知っていますか? 適正な金額で塗り替えを行うために、以下では外壁塗装の見積金額を決定する6つの要素をご紹介します。悪徳業者にダマされないためにも、業者まかせにせず見積もりの知識を身につけておきましょう。


見積もり金額を決定する6つの要素

塗料

リーズナブルだけど耐用年数は短い、お手頃だし耐用年数もそれなり、高いけど長持ちなど、塗料によって見積もり金額は大きく異なります。

塗装範囲

どこからどこまで塗るのか、雨どいやベランダ、屋上も含むのか、など塗装範囲によって費用は変動します。

塗装回数

一般的には2~3回塗りです。回数が多いほど長持ちしますが、そのぶん割高になると覚えておきましょう。

施工人数

人数は少ないほうが人件費がかからず安くなります。

工期

工期が短いほうが人件費がかからず割安です

経費

足場や養生など下準備の経費を含んでいるかどうかで見積もり金額は変動します。

見積書を見直します!

他業者様のお見積もり内容で、多くの方から弊社にお問い合わせ頂く内容があります。

相談内容としては塗料の事や耐久性の内容が多いです。本当にビックリするぐらいの高額な見積もりや
逆に不安になる安さなどもあります。
私共も経験上で他社様の見積書を拝見する機会があり、確認すると90万円ぐらいの差
(少し大きめの2階の建物)があり、不安に思ったのが一番安い業者が5社(沖縄塗装工業も含む)の見積りと同じペンキを使いサービス工事(塗装工事以外)で3か所と防水までとすごい内容でした。
お客様から「沖縄塗装工業かあと1社かで悩んでいるけど、金額が同じであればお願いするけど?」と言って
いただきましたがそれだと補修工事などが疎かになりかねないのでお客様には丁寧にお断りさせていただきました。
例えば、2階建以上の建物で調査ができない壁などはどうやって計算するのか?足場を組んで調査後、
見積り出すとなるとお客様も不安になりますし工事も長引きます。
(大規模修繕や外壁タイルなどは例外です)

*基本的に追加料金は発生しませんが、まれに剥落がかなり多く見られる場合もありその際はお客様に提案してからの工事になります。

そこで、各社見積もりの違いが生まれるのが建物の状態の把握です。 築年数立地条件
日斜条件などで北面は壁の爆裂(モルタルが剥落手前)はあるが、南面は壁に藻やカビはあるが痛みは少ないなど一つの建物でも状態は違います。
現場で培った建物の状態をいかに把握し、どうやったら長持ちするか、このひび割れ
(クラック)にはあの工法がいいなど、CB(コンクリートブロック)の壁なので塗料はこれがいい、
そして調査ができない高い所はこの面は上の階ほど痛みが激しいので補修は○○平米はやらないといけないなどと挙げればきりがないのですがこれらを把握せずにただ、建物の大きさを測り、目に見えるひび割れ(クラック)の補修と良い塗料を塗るだけでしたら安くできると思います。
また、高すぎる工事などでよくあるのがコーキング打ち替え(剥ぎ取り後充填する事)などやはつり撤去後形成工事(モルタルを取り、作り直す)、もちろん必要な場合はいいのですが、必ずやらなければいけないのか?と疑問に感じる時もあります。 コーキングが塗膜で保護されており活きている状態やはつり撤去すると建物に振動を与えるので他の部分が2~3年後のひび割れの誘発するなどよりは、注入工事でいける場合もあり理由はいろいろありますが、オーバースペック工事(過剰工事)は、お客様が納得される分にはいいですが2~3社ほどは見積もりを取り確認されたほうがよろしいです。
最近はパソコンやスマホなど情報が多いからこそ悩むのも納得です。

悩んだらまずはチェック!!

見積書に関する悩み事は私共にお問い合わせください!
私達がお手元の見積書で「適正な価格で算出されているか」また、「過剰工事ではないか」などを細かくチェック致します!
もちろん、建物も見ないで「やめたほういいです」とは言いません。あくまでも、お客様へのアドバイスですので見積書の比較や施工内容を簡単に説明するという事ですので、お気軽にお電話ください。
又は、お気軽にお手元のお見積書を私共宛にFAXしてください。

外壁塗装業者によって見積もり金額はまちまち。あいにく外壁塗装業界では、悪徳業者によるトラブルなどが多発しているので、一社だけで決めてしまうのはちょっとリスクがあります。本当にご自身・ご家族が納得&満足するために、複数の業者をピックアップして相見積もりを取ることをおすすめします。

沖縄塗装工業では、一級塗装技能士がお客様のお住まいにお伺いさせて頂き、外装や屋根の状況を見分させて頂き、診断レポートを作成しお渡ししております。 単なる営業が診断する場合とは違い、知識のある一級塗装技能士がきちんと診断させて頂くので安心です。

わかりやすいお見積書1

わかりやすいお見積り書2

工事見積書はわかりにくくはないでしょうか?聞いたことのない専門用語の羅列、○○工事1式・・・そんな見積書では何をどう工事するのかわかりにくいと思います。また、逆に細かすぎる見積もりで専門用語を並べてもお客様には分かりずらくなり、私共に「これはどういう意味ねえ~」と他業者の見積もりを説明することもあります。

沖縄塗装工業では、どなたでも分かりやすく、そしてシンプルにを、テーマに作成しております。何をどのように、どこに何回塗るか、塗らない箇所まで説明しわかりやすくまとめています。また、見積書は沖縄塗装工業がどれだけお客様のこと、住まいの事を想っているか、その気持ちを伝える文面・・・それが見積書だと考えています。

わかりやすい劣化診断書1

わかりやすい劣化診断書2

お見積り依頼をいただきますと、まずお客様のお宅にお伺いし、どこがどの程度劣化しているか詳しく診断させていただきます。

なお、診断にあたるのは一級塗装技能士の資格を持つ物がお伺いいたします。 さらに目で見て判断する、いわゆる目視調査と壁を叩き判断する打診調査などや塗装面の塗膜の調査などを行います。 沖縄塗装工業では、わかりやすい劣化診断書にまとめて提出させていただきます。

施工物件の工事写真帳1

施工物件の工事写真帳2

ご商談時に*過去の施工物件の工事写真帳をお見せいたします。実際の工事はどんな流れで行っているのか、沖縄塗装工業ではどんな監理がなされているのかを知って頂ければ幸いです。

*個人情報は伏せておりますのでご安心ください。
沖縄塗装工業では、とにかく「わかりやすさ」に拘っております。お客様の中には、すでに他の塗装店と契約を交わしているのに、他の業者のセミナーを聞いたり見積を取ったりされる方も少なくはありません。それは完全に納得した上で契約していないことを意味しているのではないかと思います。
沖縄塗装工業では、安心してお任せいただけるようご商談時に全力を注いでおります。言葉足らずお一人、お一人のお客様、一軒一軒のお宅に最適な塗装プランをご提案できる自信があります。 納得していただかない間はご契約頂く必要はございません。

【ここもチェック!】見積りを比較する

沖縄塗装工業はここが違う知人の紹介やインターネットなどで信頼できそうな業者を見つけたとしても、簡単に受注しない方が得策です。まずは見積りを出してもらうこと。そこからはじめましょう。 今現在、ほとんどの業者が見積りを無料で出してくれるはずです。 業者も断られることは想定内ですから「無料なのはうれしいけど、見積りを頼んだら断りにくそう…」なんて妙な遠慮はいりません。ノーならノーときっぱり断ってしまえばOK!ポイントとしては3社ほどから見積りを取ること。各社の見積書を並べ、そこに記載されている内容を比較検討してみましょう。くれぐれも値段だけで比較しないよう気をつけてください。 どのような内容の工事を何日間かけて行う予定なのか?使用する塗料の種類や量は?記載されている以外の出費はないか?など、穴があくほどじっくりと見積書を見比べてください。もしも「見積りを判断する自信がない」という場合はご連絡ください。沖縄塗装工業は見積書の無料鑑定をさせていただきます!
沖縄塗装工業は適正価格をお教えします!

【ここもチェック!】綺麗に仕上がるのは当たり前。お客様の生活環境にも気を配っています。

沖縄塗装工業はここが違う工事中の現場は、同時にご家族の方々が出入りされる「住まい」です。その大切な生活の場で作業させていただいているという自覚を職人一人一人がもち、足場で狭くなった出入り口でご家族がお怪我をされないように養生をすることや、庭の植物にダメージが及ばないよう気を配る等、少しでもお客様が快適にお過ごしできるよう配慮に努めています。

沖縄の雨漏りの修理は私共にご相談ください!

一般的に雨漏りは一度の工事で確実に直す場合、外壁、屋上、防水等の外部全体を施工し直さなければなりません。しかし、建物の用途、規模、コスト、時期によって実施するタイミングには違いがあります。 意外にも簡単に原因の特定と簡単な処置によって止まるケースもあれば、要因部分の補修措置と散水を繰り返して発見できる場合もあれば、検証の際に新しい漏水要因が発見されるといった非常に時間のかかる場合もあります。 また、お客様の方で台風の時だけの雨漏りや強い横風の際に雨漏りがする、大雨の時だけの雨漏りなど、雨漏りの状況をお伝えいただければ原因を特定する要素になります。 「まずは雨漏りを止めたい!」「費用はどのくらいかかるの!」という方はまずは私共にご相談ください。 もちろん見積もりは無料です。 また、電話やメール相談だけでも受け付けますので状況をお伝えして頂ければお答えします。

沖縄の雨漏り修理は難しいんです

「雨漏り修理」って難しいんです。
なぜかというと、雨漏り原因を見つけるため経験、そしてそれに必要な知識、情報が必要だからです。 どんなに腕の良い職人さんでも、雨漏りの修理経験がなければ、雨漏り修理をきちんと行うことは難しいですし、建築関連のお仕事をされている方でも原因を特定するのはできない場合も多く、私共に依頼がくることがあります。 例えば、単純に屋上を防水する、外壁塗装をするなどであれば解決になりますが、建物の規模や塗装の費用を考えると金額が大きくなります。 もちろん、お客様のご予算に合うよう部分的な補修で解決できるようであればいいのですが、雨漏り修理とは「いかに雨漏りの原因を見つけられるか」が8割、残りが「それに対して適切な処置ができるか」です。内地の建物と違い(最近は木造もありますが)、沖縄はコンクリートの建物が多く、雨の侵入が1ヶ所だけではなく複数の箇所からの雨漏りなどがあり、その場合には雨漏れの可能性のある箇所から順次補修を行います。お客様に問題のある箇所をご説明し、雨漏れの可能性の高い順に補修を行うのが最適な部分補修になります。

沖縄のお雨漏り対策

私共の考える雨漏り対策とは、しばらく止まれば良いと言うような工事ではなく、ずっと止められる工事をするということですその為には、必要な行程、作業、手間、技術があるわけです。 「必要な事をするための最低限度の価格」は必要なのです。 ですので、 時間、手間が掛かるから確実に止められると言う事は、ご理解戴きたいのです。 もし、安い方が良い、職人なんて誰でも同じでしょ、と思われるのでしたら他の業者に依頼をして下さい。 運が良ければ、しばらくは止まると思います。でも、その職人さんが雨漏りを止められなかったら、私共に電話を頂ければ幸いです。

火災保険について

沖縄塗装工業 火災保険について

 火災保険とは、「火事に適用される保険でしょ」と思われていますが、実際には、風災、水災、雪災など多くの自然災害に対しても適応される内容になっています。

 ご自宅の保険証券などを見直し記載されている保証内容に目を通してみたほうがよろしいかもしれません。但しよく他のサイトである、お客様の実質0円の屋根修理というのは沖縄では難しいのが現状です。

 また、私共で保険の適応されたお客様では実質0円いう例はございません。(あくまでも私共の経験で、申し上げています)何故かと言うと、風災と言うのは暴風により瓦屋根が飛んだり、暴風により物が飛来し建物に当たり破損するといった事が大まかな例となりますが、沖縄の建物の多くはRC造(鉄筋コンクリート造)になっており先ほどの例には当たらない場合が多いです。しかし、近年は沖縄でも木造住宅や鉄骨造住宅なども増えてきており保険の適応になる破損状況もあります。

 また経年劣化は保険の適応外になりますので、私共が現場を確認しその場で保険申請できるか、できないか判断しお答えしますのでご安心ください。

 もちろん、保険の適応できると判断した場合は、保険会社への書類や写真の作成などは代行し、下りた金額などを踏まえお客様の要望にお応えする工事を行わせていただきます。

沖縄塗装工業 火災保険について

・面倒な保険手続きは、私たちがお手伝いいたします。 ・保険金確定後、工事の契約書を交わします。その後に工事を行いますのでご安心ください。 ・保険金が万が一おりない場合、保険請求の経費は一切いただきません。

工場・倉庫の塗装について

沖縄の暑い工場・倉庫の塗装もお任せください!

工場・倉庫にとって夏場の暑さは光熱費の増加以外にも工場・倉庫特有の問題があります。また、雨漏りなどがある場合は放置しておくと後々の改修工事の費用が膨らむ事になりますので早めの処置が望まれます。

作業効率の低下
 工場・倉庫内の気温が上がれば中で働くスタッフも暑さで作業に集中することが出来ず、作業効率も落ちてしまいます。
 結果、生産性が落ち、その損害は大きなものとなります。
環境への負荷
 大量の排熱やコンクリートの蓄熱はヒートアイランド現象の一因とも言われています。
 企業が社会的責任として環境負荷への低減対策を行うことが必須の時代となってきています。

改修担当者打ち合わせ 第三者が見ても分かる資料を作成します。

確かな現状判断

 現状とこれからをしっかり分析します。 倉庫や工場などの改修工事は会社にとっても何度もある工事ではありません。だからこそ、現状をしっかり見極める力が必要です。 見た目だけよければいいリフォームはしません。

最良のプランの提案

沖縄塗装工業 自社施工管理

 お客様のご要望をしっかりお聞きし、資産価値の最大化を目指します。 また、お客様のご予算に合わせた工事も承ります。

 担当者様との打ち合わせももちろんですが、第三者の方々や取締役会などへのプレゼンテーションも見据えた資料を作成し、誰が見ても分かりやすい見積もり書をお作りします。

自社施工管理

沖縄塗装工業 自社施工管理

 工事は専属の熟練職人。施工にしっかりとした責任を持ち、全工事に保証書を発行します。自社職人だからこその品質をお約束します。

沖縄塗装工業の口コミ・評判

お客様の声

那覇市楚辺 A様 外壁補修・装工事
お客様の声
そろそろ補修が必要とは感じつつ色んなところから声がかかりましたが、どうしても気持ちが動きませんでした。
そんな時知り合いから長嶺さんを紹介してもらい、初めは壁の修繕と塗装をお願いし、その時の長嶺さんの誠実な対応が気に入り他の部分もお願いしました。現場を見せてくれたり、修繕内容もはっきりしていてとても信頼がおけました。

浦添市経塚 O様 屋上防水工事・外壁補修・塗装工事
お客様の声
工事の手順など細かく教えて頂き、安心できました。
とりあえずの上塗りではなく、今後の経年劣化も考えたうえで強い下地作りをしてもらうことができ安心できました。施工をしてくれた職人さんは、とても話がしやすい方たちでした。

豊見城市嘉数 S様 外壁塗装工事・屋上防水工事
お客様の声
以前施工を依頼した親戚の紹介もあり、沖縄塗装工業さんなら大丈夫だろうと安心してお願いました。
代表の長嶺さん自ら現場まできて施工管理をしてくれ、人柄も技術も最高でした。一緒に工事をしてくれた職人さんは笑顔が優しく気持ちの良い人達でした。
気になっていた屋上の防水、外階段が見違えるほど綺麗になり涙が出ました。ありがとうございます。

外壁の無料出張診断受付中

外壁の出張診断、見積もり完全無料

ブログ

工場・倉庫の塗装もお任せください

節電塗装

カラーシミュレーション

アフターフォロー

耐久性について

環境への取り組み

コンクリート塗装

火災保険 沖縄塗装工業

塗装業界のコアな話 沖縄塗装工業

お客様の声・レビュー・口コミ